FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作業用つなぎ 作成 その3 

つなぎ3
調整。干渉部位頂点の位置移動とか、ウェイトの掛け直しとか。
納得するまでやり込むか、飽きたから適当な所で割り切るか。
まぁ大体は着せたい体型にさほど問題がなければそのあたりで割り切りが多いのかな。
まぁパンツが飛び出てたからそこは解消。
厚み付け。
作業自体は簡単なもの。ここに来るまでにしっかりやっておけば特に問題はない。
ペランペランでも良いんだろうけど、HSにおいてはリアル「っぽい」感じなのでこの「っぽい」がダイジなので。
コットン等大体インナー系は1ミリ程度、厚手ので2-3ミリ、厚手の重ねとか縫い合わせとかで5ミリとか
おおまかに自分で目安をうっておけばそれなりに説得力はでるかな。
ツール上の数値はそれぞれで。うちの環境では千分の一あたりの数値だったかな。
裏面においては、そのままだったり、見えないから消したり、ケースによって。
チェスターコートは下から見えるし袖口も広いので裏面も全部ありで裏地を描くことが出来た。
リブ長袖は、リブ部位だけ裏面をもたせた。
このあとは、厚みをもたせた側面はUVが重なっている状態なので引っ張り出すなり、全体的に焼き直すなり。
うちはシームを切りなおすので、適当に展開して済ますことに。

さて、次はテクスチャだ。
今回はステッチいっぱい描けるなぁ。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。